62,帯状疱疹のお話し

40歳以上の大人で、痛みを伴う赤いブツブツや水疱が体の片側に出たら帯状疱疹かもしれません。過労やストレスで免疫が弱ると子供の時に掛かった水ぼうそうのウイルスが皮膚に出てきて症状が出るのです。あやしい場合は3日以内に病院で薬を飲む方が後遺症として痛みを残さない事につながるので早めの受診をお勧めします。小さなお子様で水ぼうそうに掛かったことがない場合は移してしまう事が有るので接触しない方が無難です。体力が低下すると発症しやすい傾向があるので普段から休養を取って疲れをためないようにすると掛かりにくいですが、50~60歳になると免疫が落ちてくるので水ぼうそうのワクチンで予防することも可能です。掛かりつけで相談されるとよいでしょう。

ほずみ小児科クリニック  穂積正俊

カテゴリー: 子育て応援情報, 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク