1、熱の測り方

子供の体に異常を感じたときに体温を測ることは大事なことです。ただでさえじっとしているのか難しい幼児が熱を出して機嫌の悪いとき体温を正確に測るのは大変ですが、病気の状態や経過を示す大切な情報ですから出来るだけ正確に測るようにしましょう。体温計には昔からある水銀体温計とデジタル電子体温計などがありますが、どちらもわきの下ではかるのが安全で正確に測れるのでおすすめです。熱を測るとき、先ずわきの下の汗を拭いて、子供をひざの上に抱くか添い寝をして体温計の先端がわきの真中に当たるようにはさみ、肘を曲げて腕を体に密着させてわきの下がちゃんと閉じるようにします。計測中はなるべく静かにさせますが無理に押さえつけるより片手で腕を押さえ、反対の手で背中かおしりを「よしよし」と軽くたたいてあやし、子供の顔をやさしい笑顔でみてあげて下さい。幼児は体温の変動が大きく、37.5℃でも正常範囲のことがあります。我が子が元気で機嫌のよい時に体温をはかっておいて、どのくらいが練習しておきましょう。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク