13、赤ちゃんの夜泣きのお話し

赤ちゃんがどうしても泣き止まないと何か病気ではないかと不安になります。原因として熱がある、お腹が痛い、耳が痛いなど体調不良によるものがありますがこの場合は激しく泣いて、泣き止んでまたもっと激しく泣いて、と波があったり泣いているうちにグッタリしてくるようなら受診していただいた方が良いでしょう。しかしただ毎晩泣くだけの病気ではないものもあります。今回はこのお話です。気温・心身の疲労・就寝前の興奮や不安によって起こることが多いと言われていて、お母さんの不安定な心の動きが赤ちゃんに伝わる事も原因と言われています。夜泣きが続くと家族やご近所に眠れない、などのご迷惑を考えてお母さんは身の細る思いと緊張を感じられる場合もあるかと思われます。この緊張がますます悪循環するとも言われているようですのでご近所の皆様でおおらかに接する思いやりを持ってあげることが一番はやく解決する事のようです。ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク