37、起立性調節障害のお話し

小学校高学年~中学生くらいのお子さまで毎年この時期に朝起きられない、立ちくらみ・めまいがある、と貧血を心配されて受診される中に「起立性調節障害(ODと言います)」が原因の事があります。自立神経という血圧や体温を無意識にコントロールする神経の働きが弱くなり血圧が下がりやすくなる、いわゆる「脳貧血」の事ですが午前中・特に起きぬけの症状が強く午後からはましになる為に本人が学校など行きたくても行けない状況になるのですが、怠けている・気合が足りないと言われてしまう事になり得るのです。朝礼など立っていて気分が悪くなった経験があるお子さまで思い当たる場合、医療機関で検査をお薦めしますので掛かりつけでご相談ください。治療は薬のほかに規則正しく早寝する、塩分を多めにとるなど様々ですが大人になればだんだん回復するようですので早めの受診をおすすめします。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク