18、風疹のお話し

最近、新聞にのっていましたが風疹が少し流行っているようです。風疹は薄い発疹が顔~体に広がるとともに37~38℃くらいの発熱、リンパ節(特に耳の後ろにグリグリが触れる)の腫れで診断しますがほとんどの場合、3~4日で軽快します。元気で軽く済む方が多いのですが年に数十人は脳炎といって意識が無くなり入院する例もあるのでワクチンがまだのお子さんはこの機会に受けてください。またワクチンは7歳5ヶ月を過ぎると有料になるのですが、2002年の調査では17歳以下の妊婦の人で27%が風疹の抗体(抵抗力)がないと言われ、今後、先天性風疹症候群という病気の赤ちゃんが増えないか心配です。妊娠一ヶ月以内にお母さんが風疹に掛かると50%以上の確立で白内障(目の病気)・心臓奇形・難聴の赤ちゃんが生まれる危険があると言われ風疹を流行させない事が唯一の予防手段です。男女にかかわらず皆でワクチンを受けてあげてください。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク