19、下痢のときの食事

ふだん元気な赤ちゃんが急に吐いたり下痢をしたりしたときに大切なことは脱水に注意する事です。症状が強ければかかりつけ医を受診して治療を受ける必要がありますが、同時に家庭での注意について書きます。数日間なら栄養よりも水分と糖分と塩分が大事ですので、吐き気のある時は食べ物を与えず30分おきにアクラライト、野菜スープ、お茶、りんご果汁を一回に20~30cc与え、様子をみながら少しずつ料を増やしていください。吐き気が半日なくなれば(目安は一回100cc以上飲めたら)赤ちゃんなら母乳・または半分に薄めたミルクを、幼児ならお粥かおじやまたは柔らかく煮込んだうどんを与えてください。ただし初めは子どもが欲しがるより少ないめに与えないと吐くこともあるので注意してください。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク