29、中耳炎のお話し

中耳炎は水泳やお風呂で耳に水が入っておこる、と思っている人が多いかもしれませんが例えば風邪のときに鼻やのどに細菌が耳管(じかん、と読みます。鼻の奥にあり左右の耳につながっている管)を通じて侵入し中耳炎になるのです。急性中耳炎になると耳痛や耳だれが出てくる、熱がでるといった症状があり、耳鼻科で局所の治療をうけたり、抗生物質を飲むとなおりますが放っておくと慢性化して聞こえが悪くなったり、脳に影響がでる場合もあるので必ずきっちり治るまで治療を受けましょう。鼻水を上手にかむと予防はできますので、むやみに強くかんだり両方を一度にかまず、片方の鼻を押さえて軽く、スン・スンとかむ練習をしましょう。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク