24、鼻炎のおはなし

毎年この時期になると「鼻みずが出ているが、風邪かアトピーか、どっちか?」とご質問を受けることがよくあります。鼻炎の症状は「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」で、ふつうは3才以降に多く、熱や咳は出ないことが多く、目のかゆみが一緒にあることが多いですがアレルギーの人が風邪を引いて症状がダブってることもあり、診断はなかなか難しいのが現状です。大人の方で毎年同じパターンなら症状からまず間違いないと思ってよいと考えますが、お子様の場合は耳鼻科なら鼻水の「好酸球検査」や、内科なら「血液検査」を受けられることもお勧めします。治療として、マスク・めがねなどで原因の花粉を防ぐ、水道水でよいので頻繁に目・顔を洗うと言った一般的な方法のほか、抗ヒスタミン剤(鼻水を抑える薬)を病院や薬局で処方してもらう、また眠気が気になる方は漢方薬もおすすめです。よく晴れて暖かい日に症状が強い方は早めに治療されたほうが良いかもしれませんね。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク