39、肺炎球菌ワクチン(プレべナー)のお話し

一年前にヒブワクチンが接種できるようになりましたが、この春から別の肺炎球菌ワクチンが自費で打てるようになりました。ヒブのばい菌で髄膜炎掛かるお子さまは日本で年間600人前後いるのですが肺炎球菌も髄膜炎になる方が200人ぐらいいてどちらも死亡立が5%くらいある恐い菌なのです。生後2ヶ月~9歳まで接種できるのですがちいさいお子様(3歳以下、中でも1歳未満)ほど肺炎球菌が悪さをして肺炎・髄膜炎といって重い病気になりやすいので出来れば早くに接種した方が効果も高いと考えられます。世界では10年前から接種されていて93の国で既に子どもたちに打たれているワクチンなのですが日本では初めて発売されるため、難点は高価!なんど一回一万円くらいする!しかも生後2ヶ月~6ヶ月のお子さまは合計4回接種となります。安全性は高い枠c人なのですが費用がなんとも驚きますが、もしご興味があればかかりつけ医にご相談されて接種をお薦めします。  ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク