51、湿度とインフルエンザのお話し

平成24年はインフルエンザが大流行しています、普段どのような対策が良いかよく質問されるので書きます。①湿度は重要でしょう、ウイルスは乾燥に強く、乾燥した状態ではノドや気管支の防御機能が低下すると言われており、出来れば湿度40%以上、50%を目標に電気暖房する時は加湿しましょう。暖房しない時やガス暖房ではあまり湿気るのはカビの原因になるので気をつけて下さい。②手洗い・うがい(うがい液が無ければ水やお茶でも構いません)・マスク(特に咳をしている人は周りにうつさない様に着用しましょう)③マメに歯磨きすると体の中の免疫を高めると言われています④ヨーグルト・緑茶・きのこ・レンコンは免疫を高めると言われていますが1回で大量に食べても変わらないでしょう⑤夜22時~夜中2時は寝たほうが免疫を高めると言われています、体調に少しでも異変を感じたら早めに寝ましょう⑥今年4月からインフルエンザの欠席日数が増える予定です、幼稚園児は熱が下がって2日間だったのが3日間休むように変わるみたいです。掛かってしまった人はうつさない様に休養して下さい。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク