52、2012年5月21日の日食観察の注意のお話し

  • 既に御存じと思いますが大阪でも見られます、テレビでも注意されると思いますが書いておきます。観察する時は①穴をあけた紙などを使い、ピンホールの影を観察する②日食専用のグラスを使う、のどちらかにして下さい。何秒かでも直接太陽を見たり、下敷き・サングラスや黒いゴミ袋を使うのは大変危険です。25年前は正しくない方法で観察した人が13人、目の違和感を訴えたとされています。運悪く網膜という目の奥がやられてしまう可能性があるので特にお子様の登校途中に気をつけるようにご注意ください。また当日曇っていても日食観察グラスを使わず見ない、使うときは立ち止まって観察するように、太陽の方向を後ろ向きに確かめてグラスを使い決して直接見ないように徹底してください。次回は2006年6月1日に北海道で見られる予定だそうです。もし観察後に目の違和感を感じたら必ず眼科を受診してください。ほづみ小児科クリニック 穂積正俊
カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク