54、水いぼ(伝染性軟属腫)のお話し

毎年プールに入るのに取るか取らないか、と相談されます。ネットでたくさん意見がありますが①基本的には放置で良い、と思います。2年くらいで免疫が出来てきて自然に治ることが多く、搔きむしったりする症状がなければ本人には無害と言われています。しかし色々な事情で取ると決めたら②液体窒素で焼く③硝酸銀という薬で焼く④ピンセットでむしり取る(最近ペンレスと言う痛み止めのテープが保険で使えるようになりました)⑤「いぼころり」の成分(スピール膏といいます)で柔らかくしてセロテープでむしり取る⑥イソジン液で消毒する⑦ハトムギエキス(病院ならヨクイニンと言う名前の漢方薬)と五苓散(ごれいさん、と言う漢方薬)を飲ませる、と言った治療がありますが、それぞれの事情で待てるかどうか、痛くても良いのか、薬のリスクはどうか、を親御さんのご希望と掛かりつけの先生の判断で選び納得のいく方法をされると良いでしょう。ちなみに僕の考えでは放置しても命に係わることは無いとされていますので何もせず2年待っても良いのでは・・・と思います。  ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク