64、脱水症状のお話し

大人は体重の60%が、子供は80%が水分ですので汗をかくと脱水が心配ですね。
これがあれば、という1つの決め手はないのですが、自分で症状が言える場合は(のどが渇く、頭痛、食欲が減る、めまい、吐き気、脚がつる)など、言えない子どもでは(唇が渇く、尿が少ない、イライラして興奮している、肌が乾燥している、目が落ちくぼんでいる、手足が冷たい、爪を押して色が白→ピンクに戻るまで3秒以上かかる、手の甲の皮膚を引っ張って元に戻るまで3秒以上かかる)などが有ります。もちろんあまりひどい場合は入院になるのですが早めに、0.9%の塩が入った水分を取らせることで予防できます。市販されている飲み物では普通のスポーツドリンクよりNa40mEg以上入ってるもの(商品名ではOS-1)が望ましいですが家庭で作るのなら(水1リットル+砂糖40グラム【大さじ4杯半】+塩3グラム【小さじ半分】+味付けにレモン少々)でも同じ効果があります。少しずつ与えて脱水を予防して下さいね。

     ほづみ小児科クリニック  穂積正俊

 

カテゴリー: 子育て応援情報, 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク