66、RSウィルス流行中のお話し

12月を中心に冬に流行するウィルスの一つですが最近は流行している様子です。生まれて1歳までに半数以上、2歳までに全員が掛かると言われていて、しかもその後は何回も掛かるとされていますが6か月未満の乳児ほど席や喘鳴(ゼロゼロ)がひどくなって肺炎を起こして入院するケースが珍しくありません。症状は咳・鼻水・発熱で軽くすめば1週間くらいで治ってきます。検査は肺炎で入院する場合と、通院では1歳未満しか保険が使えないため咳の出る人はマスクをしないで1歳未満の乳児に近づかないようにしてあげてください。治療は保険の効く特効薬ははにので咳・鼻水に対してお薬を飲んだり肺炎になったら入院して脱水に対して治療するくらいですが早産のお子様には「シナジス」という特効薬の注射が保険で打てるケースがありますので掛かりつけで相談されると良いでしょう。

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧   パーマリンク