79、ヒトメタニューモウイルスのお話し

平成23年から検査で調べられるようになったウイルスで名前が知られました。

子どもの風邪症状(熱・咳・鼻水)の10%くらいを占めると言われ3月~6月に流行るとされ2歳までに半分のお子様が、10歳までにはほとんどのお子様が掛かるとされています。

ただし検査はレントゲンを撮らなければ保険適用がないので、「高熱が続く、咳がひどい」など肺炎かな?の症状があって、この検査をしたときに調べる以外は自費の検査となります。

しかも病名がわかっても特効薬が無いとされているので咳・鼻水をやわらげる薬または解熱剤しか治療がないので治まるまで待つことになります。だいたい1週間で治るとされています。

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧, 未分類   パーマリンク