作成者別アーカイブ: yanchamanet

やんちゃま

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

代表のブログです

これから、どんどん発信していきます! ★孤立しないで皆で子育てしよう★ 当法人は1992年にスタートした子育てサークル「やんちゃま」(2003年に「やんちゃまファミリー」と改名)の活動をベースに設立しました。 「やんちゃまファミリー」は、虐待を受けている子どもの事件を見聞きしたことをきっかけに、「孤立しないで皆で子育てしよう。一緒に考えよう」と励ましあえるサークル活動を展開してきました。現在は約50組、19年間に延べ2,000人以上が参加する松原市内最長、最大の子育てサークルに成長しました。 ★同じ母親の立場で「ピアサポート」な活動★ 閉塞しがちな家庭内での子育てにとどまらず、子連れでサークルに参加することで、親同士、子ども同士が出会い、つながることができます。「やんちゃまファミリー」では、「おいで! いつでも来ていいよ!」と声をかけながら、親子のふれあい、保育、絵本の読み聞かせ、リズムっ子体操、子育て講座、情報提供等の活動を行ってきました。 先輩ママのアドバイスや体験談を通して、子育ては「自分育て」、教育は「共育」であることを伝え、共に成長しあえること同じ立場である母親、父親が出会い、つながり、互いの子育てに学びあえる活動を続けてきました。 1999年には、小学校以降の子育てママのつながりを継続、発展させるため、「マザーズ・クラブ」もスタートしています。 お問合せ NPO(特定非営利活動)法人やんちゃまファミリーwith (事務局) 大阪府松原市天美西3-7-4 TEL・FAX:072−331−3620 E-mail:yanchama_with@yahoo.co.jp

カテゴリー: つぶやき, 代表ブログ | コメントをどうぞ

【報告】絵本作家の島崎多美子さんと『夏』の作品をつくりました(^-^)

7月31日、子育てサークルやんちゃまファミリーに松原市の期待の星✨絵本作家の島崎多美子さんに来て頂き、子ども達とテーマ『夏』の作品をつくりました(^-^) 絵本作家 島崎多美子さんのブログ http://ameblo.jp/momoirozou/

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

母親のためのピアサロン「ココ・カラwith」

「自分の気持ちがわかってもらえる母親どうしの会話がしたい」「気になるテーマについて話してみたい」ピアサロンはそんな希望をかなえる場所です。 これからお母さんになる人〜子育て中のお母さんまで、わからないことや聞きたいこと、話したいことがある人はぜひ来てください!NPO法人やんちゃまファミリーwithがピアカカウンセラーとなり、何気ない気持ちもじっくり聴きます。どうぞご利用ください! 詳しくはこちら↓ http://yanchama.net/coco-kara-with/

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

地域で個人活動~団体活動などなどされている方、してみたいな~と考えている方へ

地域で個人活動から団体活動など、されている方、してみたいなと考えている方へ 松原市を中心に約20年地域に根ざしてきた「子育てサークルやんちゃまファミリー」を母体に持つ、「NPO法人やんちゃまファミリーwith」です。来年3月に創立20周年を記念し、「みんなの松原 ここからはじまる・つながる・スマイル」と名し、「地域参加で想いは一つ」と言う、ファミリーコンサートを企画しました。松原市の公募提案型市民協働事業「NPO発!”市民のまなび”応援事業」と補助金を受けて開催いたします。 ◎一組:参加費1、000円(冊子を作ります) ご応募お待ちしています! 申し込みは団体名、個人名、代表者をご記入の上、下記連絡先までお待ちしています! お問合せ NPO(特定非営利活動)法人やんちゃまファミリーwith (事務局) 大阪府松原市天美西3-7-4 TEL・FAX:072-331-3620 E-mail:yanchama_with@yahoo.co.jp

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

51、湿度とインフルエンザのお話し

平成24年はインフルエンザが大流行しています、普段どのような対策が良いかよく質問されるので書きます。①湿度は重要でしょう、ウイルスは乾燥に強く、乾燥した状態ではノドや気管支の防御機能が低下すると言われており、出来れば湿度40%以上、50%を目標に電気暖房する時は加湿しましょう。暖房しない時やガス暖房ではあまり湿気るのはカビの原因になるので気をつけて下さい。②手洗い・うがい(うがい液が無ければ水やお茶でも構いません)・マスク(特に咳をしている人は周りにうつさない様に着用しましょう)③マメに歯磨きすると体の中の免疫を高めると言われています④ヨーグルト・緑茶・きのこ・レンコンは免疫を高めると言われていますが1回で大量に食べても変わらないでしょう⑤夜22時~夜中2時は寝たほうが免疫を高めると言われています、体調に少しでも異変を感じたら早めに寝ましょう⑥今年4月からインフルエンザの欠席日数が増える予定です、幼稚園児は熱が下がって2日間だったのが3日間休むように変わるみたいです。掛かってしまった人はうつさない様に休養して下さい。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧 | コメントをどうぞ

50、トランス脂肪酸のお話し

皆さんは聞いたことがありますか?肉にはある一定の割合で含まれていますが特にマーガリン・マヨネーズ・アイスクリーム・チョコ・菓子パン・ポテトチップス・インスタント麺・ファーストフードの揚げ物・冷凍食品の揚げ物など世の中に多く存在するとされています。全てを避けることは困難ですが大量に食べ続ける事で動脈硬化・心臓疾患・アレルギーの増加が心配されています。可能ならなるべくインスタント食材は使わず、イワシ・サバ・カツオ・マグロ・サケなどの魚を週2回は食べ、揚げ物は少なめにしてスーパーで売っているお菓子を買わずにする様にお薦めします。また10才までは砂糖・塩を少ない味つけに慣らした方が長い一生を病気させず過ごせると思われますので出来る範囲で実行してみて下さい。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧 | コメントをどうぞ

49、子宮頚がんワクチンのお話し

平成23年9月15日から「ガ―ダシル」という名前のワクチンが加わり2種類の中から選択できるようになりました。特徴は事でしょうか。詳しい内容は製薬会社のホームページ「もっと守ろう。Jp」で検索していただけると良いでしょう。医療機関に申し込む時に自分で選ぶ必要があるので10代の女性は是非ワクチン接種を検討してください。また以前にも書きましたが子宮頚がんは20代の若い女性も掛かるリスクがあるので症状が無くても20才になれば婦人科に検診に行きましょう。早く発見できれば表面をレーザーで焼くだけで済み、将来の妊娠出産の影響が最少限に抑えられるそうです。市の助成があれば安く受診できる可能性があるので問い合わせてみられてはいかがでしょうか。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧 | コメントをどうぞ

48、夏の疲れに効く食べ物、のお話し

9月になっても暑い日が続きます、疲れを取る効果がある食材をご存知でしょうか?お茶、魚、海草、納豆、酢、きのこ、野菜(中でもネギ・にんにく・しその葉・みょうが)がお薦めです。特にクエン酸(酸っぱい成分で酢・レモン・グレープフルーツ・梅・パイナップルに多く含まれています)を積極的に取るようにすると良いと言われています。全体的にカロリーを取り過ぎない様に気をつけながらお料理に取り入れてみてください、体重が気になる人は最初に野菜だけ食べてそれから他のものを食べると血糖値が上がりにくいと言われています。体重や睡眠が乱れている人は9月新学期をリセットするチャンスと考えて新たな気持ちでがんばってみて下さい。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧 | コメントをどうぞ

47、生肉を食べるのは注意!のお話し

焼肉店で腸管出血性大腸菌(以下、大腸菌と書きます)による死者が出て話題になっていますが、もともと肉には5~10%の割合で大腸菌が入っていると言われており、実は年間3~4千人の患者さんが大腸菌感染症で全国の医療機関を受診しています。大腸菌に掛かるのを防ぐには①ユッケなど生肉や生レバーを食べない②大腸菌は75℃ 1分の加熱で死滅するので(ちなみにノロウイルスは85℃で死滅します)肉は中心部までよく焼く③特に乳幼児やお年寄りは胃の酸度も弱く抵抗力も少ないことがあるので気をつける。ですが、大人も好きで食べるのは止めませんが一定の割合で菌が入っている覚悟でユッケは食べてください、お店の問題ではなく自己責任で菌を飲み込むのがユッケ、生レバーなのです。10回以上の下痢や血便は速やかに病院を受診してください。 ほづみ小児科クリニック 穂積正俊

カテゴリー: 小児科医子育て応援コラム一覧 | コメントをどうぞ